2005
06.17

- きっかけ -
私と落語の出会いは、数年前(確か2002年頃)仕事でお付合いのあった伸治師匠の奥様を通じて伸治師匠の落語を聞く機会があり、初めて生で落語を聞いたのです。それまで落語なんて聞いたことがなかった私は大変なカルチャーショックを受けたのです。「おもしろい!こんな文化が日本にあったなんてっ!これは落語を知らない人にも教えなくては!」と。まぁこんなことから伸治師匠の認知度アップと落語の普及を目指す為に伸治師匠のホームページのお手伝い(強制的に伸治師匠にホームページを立ち上げさせた)をすることになったのです。

- 落語との出会い -
初めての落語は伸治師匠と笑遊師匠の二人会でした。とにかくおもしろかったです。生で聴いたというのもあったと思いますが、とにかくハマってしまい涙が出るほど笑い転げてしまいました。今でもあの時の感動を忘れられません。その後、このサイトのお手伝いさせて頂くようになり、他の桂一門の方々の噺を聴いてみたいと思うようになりましてこっそり一門会に行ったりしました。同じ一門のいろいろな個性のある噺家の方々をまとめて聴けますので、一門会は良かったですね。今思えば故文治師匠の噺も生で聴いておきたかったと後悔しています。
落語を初めてと言う方には二人会や一門会はお薦めです。

- 初めての寄席 -

浅草演芸ホール

浅草演芸ホール

実は落語を好きになったとは言っても、つい最近まで寄席には行ったことが無かったのです。タイミングがあわず・・・と言えば言い訳になってしまいますが、なかなか行けなかったのです。そのうちタイガー&ドラゴンなんてドラマも始まって余計に寄席に行かねばと思いはじめたのです。余談ですが伸治師匠にタイガー&ドラゴンを見て感想を聞かせて下さい(これも強制で)とお願いしたのは私です。こんなのありえねーとか言われながらもドラマとしては楽しんで見てもらっている様です。

まぁ、そんな師匠から6月に浅草で寄席があるけどと誘われましてこれは良いチャンスだとさっそく浅草演芸ホールに行って参りました。浅草演芸ホールの前は、ドラマと一緒で呼び込みでいいのかな?客寄せ?の方が表に立っていまして気軽に話ができます。建物はいやぁ、実に味わいがありまして東京に住んでいる方は一度は行くべきです。ちょっと中は撮影禁止で写真はないのですが、1階席、2階席に別れていまして2階席のはしっこの方は畳みになっているのか若い方がくつろいでご覧になってました。師匠の話では1階席の方が絶対にいいそうですのでみなさんも行かれるんでしたら1階席がいいと思います。

それで目的の落語ですが、難しいイメージもありますがそんなに難しくありません。聴いてて自然に笑えます。今回も伸治師匠も含めていろんな噺家の方の話を聴けました。寄席や、二人会などもそうなんですけど、落語だけではないんですよ!!漫才やマジック、コントなどいろいろ出てきます。吉本などテレビのお笑いに慣れている方にも是非見てほしいと思います。特に今回印象に残ったのは「東京ボーイズ」、必見です。

今まで他の落語家さんなどの噺を聴いて、私なりに思ったことなのですが、伸治師匠の噺は非常に聴きやすいんだなと言うのがわかってきました。古典落語の正統派と言われているという事がなんとなく素人ながらに実感致しました。いやぁ~、管理者の私が言うのもなんですけれど、初めての方は伸治師匠の噺をまず聴いてみて下さい。

今後もちょくちょく投稿させて頂きます 管理者


Comments are closed.