2007
03.02

mogusaこのサイトを通じてご依頼があり、2007年2月22日に日野市立百草台小学校にて「百草寄席」を行いました。落語を大変楽しんでいただいたようで、後日、子供達の感想文や写真を送って頂きました。ここでいくつかご紹介させていただきます。

わたしは、はじめて生で落語を聞きました。小話も面白かったけど、おちも面白かったです。うどん、そば、ちくわを食べるところが本当に食べている感じがしておいしそうでした。はじめてで本当にわらえるのかなぁーと思ったけど面白かったです。小話はダジャレみたいな感じで面白かったです。さいしょの出ばやしとさいごの曲がこれもダジャレみたいで面白かったです。

01わたしは、落語をはじめて聞いたので、すごく、おもしろかったです。だから、もう何時間聞いていても、だいじょうぶかもしれません。だから、またやってほしいです。

わたしは、落語をはじめて聞きました。さいしょに食べるまねをしたときに、ほんとに食べてるみたいですごかったです。「まんじゅうこわい」と言う話はまんじゅうがきらいなのに食べていた所が、おもしろかったです。また、ちがう話を聞きたいです。

今日、五時間目に落語の桂しんじさんが百草台小に来てくれました。みんな和室に集まってすわりました。最初はみんなに問題を出してくれました。いろいろな食べるまねを教えてくれました。いよいよ落語のお話をしてくれました。「まんじゅうこわい」というお話でした。ぼくは聞いたことがありました。実さいに落語家の人の話を聞いてみたらとってもおもしろかったです。ぼくは落語家になりたいなと思いました。

02「まんじゅうこわい」の話は、前からしっていたけれど、桂さんが話すと、顔の表現とかでよりおもしろく、楽しくきけた。テレビで見るのより、やっぱりはく力があった。またききたい。

落語で使う道具や、落語のことなど、色々よくわかりました。「まんじゅうこわい」は、何人もの人物を言葉だけで、使い分けていてその様子があたまにうかびとてもおもしろかったです。

はじめて落語をききました。おもったよりすごくおもしろくて「もっとききたい」と思いました。低学年がすごくわらってて、大人も子どももみんな笑ってて、たのしかったです。「さすがプロ!」と思いました。

03桂さんは、質問やみんなが言っていることに、笑いをつくりだして、落語家の人は頭がいいと思いました。はじめて生で話をきけて、テレビで見るよりとても楽しかった。

k01

k02

k03

040506


Comments are closed.